カテゴリ:マッチョン( 7 )

1 an !

マッチョンの1歳の誕生日、無事に終わってほっとしているところです。

この1年を振り返ってみると、ほんとうに早かった。
何しろ出産して帰って来てからも、まだ家は片付いてないし、ペンキ塗りやちょっとした工事をしてもらいながら、ごった返した、今思えばすごい状態で生活していたし、母がとりあえず不自由しないように色々片付けてくれ、やっと落ち着いて暮らし始めたのが1ヵ月後。
そして、あれよあれよと言う間に半年、そして1年。
アレルギーはあるけど、健康ですくすく育ってくれてほんと良かったです。

1歳になる少し前からマッチョンの様子少し変化しました。
今までより何に対しても反応をするようになりました。(自我が出てきた。)
欲しい物をちゃんと要求する。んんやぐぐと言って欲しい物を指差したり、本やおもちゃで遊んでくれと持ってきたり。

なかなか慣れなかったクレッシュにもようやく慣れてきてくれて、送り迎えにも今までは泣いてばっかりいたのに、最近は泣かずに遊んでいたり、私の姿を見るととても嬉しがってドアのところまで近寄ってきたり。

心の成長しています。
それを見てるのもとても楽しいです。


さて18日当日、あいにく雪。
マッチョンも鼻を垂らし始め、おそらく歯も出てくることから家からは1歩も出ず。
午後からぐずぐずで、だんなもこの日は仕事のため、抱っこをしたりあやしつつ、ちょっと寝てくれている間に、ご飯の用意やエンベとケーキの飾りつけ。

ご飯は、金目鯛を焼きました。
a0094106_7194971.jpg

見た目はちょっと…ですが、ジューシーでとっても美味しかった。

マッチョン用にはおかゆをハート型に盛り付け、その上にブロッコリーと人参のピューレで飾ってみました。
a0094106_7202639.jpg


が、食べている最中からぐずぐずモードになっていき、だんなが帰って来て、
私達もご飯を食べてようとしていると、泣き始めたので、急いでケーキを出し、ろうそくを立て火を点け、写真を用意しているうちにいやいやモード。
無理やり写真を撮り、エンベがろうそくを吹き消して、プレゼントもあげる時間もなく、お休み~。
まあ、こんなもんか。
a0094106_7312158.jpg


ケーキは、マクロビの(卵牛乳なし)スポンジケーキを焼き、柿をはさんで、クリームはマクロビの豆腐クリームとマッチョンが大好きな豆乳ヨーグルト(Yaourt au soja)水切りして塗りました。
ここ数日、いろいろと考えて作ったケーキ、なんだか少しがっかりしましたが、まあこの歳はしょうがないなぁ~と。
でも次の日の朝にあげたら、クリームだけですが、たくさん食べてくれました。

そして、次の日の昼間、私達と私の両親からのプレゼントをあげました。
思っていたより、とっても嬉しがってくれたので、こちらも満足。
a0094106_7382657.jpg

これが両親からのプレゼント
a0094106_7384041.jpg

私達からはこちら。
a0094106_739275.jpg

早速、エンベに押されながら乗って、ノリノリでした。

夕方、義母達が来てお茶をしました。
ちょうどこの日は義母の誕生日でもあったので、両方を兼ねての誕生日会。

この日は、前日とは変えて、マッチョン用には豆乳寒天。
a0094106_7402198.jpg

一度作ったら全然固まらなくて失敗したので、少し多めに寒天を入れたら今度は固すぎました。
でも、見た目はまあまあ?あげてみたら、吐き出されました。とほほ。

あと、大人用にモンルージュのケーキ屋で注文した赤い実のビュッシュ。
さっぱりしていて、とても美味しかったです。

こんな感じでバタバタと終わりました。

今後は歩き出したりでますます目が離せなくなりますが、病気や怪我などせず元気に育っていって欲しいです。
[PR]
by ecureuil | 2010-12-22 07:52 | マッチョン

アレルギー

7月からマッチョン、離乳食開始しました。
初めはお粥から始め、人参、ズッキーニ、トマト、いんげんなど野菜をあげました。
乳児湿疹がかなりひどかったので、フランスの小児科の先生に、離乳食はゆっくりめにと言われていたため、そのようにスローなペースで進めていました。

が、8月入ってから、ちょっとヨーグルトでもあげてみようかなと思い、日本に居たのでプチスイスではなく、普通の無糖のすっぱいヨーグルトをあげました。
野菜に混ぜながらでも、すっご~いすっぱそうな顔して嫌そうに食べていたので、小さいスプーンに3さじ位かな?あげて止めました。
すると、母が口の周りが真っ赤になっているのを発見。
そして見る見るうちに蕁麻疹のように湿疹が出てきました。
アレルギーかなと思い、急いで近くの大学病院に電話をして、土曜の夜だったので急患で連れて行きました。
幸い、呼吸困難など命に関わるような症状はなく、病院に着く頃には湿疹は治まってきたのですが、今度は唇がいかりや長介状態に。
かなり頼りないインターンの先生に診てもらい、おそらくアレルギー症状でしょうと。(まぁそうだと思ってましたが…)薬をもらって家に帰りました。

夜、そのあげた薬のせいなのか体や手足の先が赤くなってきてどうなることかと思いましたが、次の日には治まってました。

月曜に近くの小児科に連れて行ったら、間違いなく牛乳アレルギーです!と断言されました。
診察を受けて、その後看護婦さんがマッチョンをまた中へ連れて行き、採血。
奥から、ギャーと泣き声だけが聞こえてきました…
腕にはバンドエイドが張られて、その下に痛々しい内出血の跡が。(かわいそうに)

1週間後検査結果をもらいに行くと、牛乳だけではなく、卵のアレルギー反応があるという結果でした。
先生曰く、もっと大きくなればおそらく食べられるようになりますが、今は全て除去しなさいと。
まだ母乳で育てているので、お母さんもできたら食べない方がいいとのこと。(強制はしてませんでしたが。)

家族の中に誰も牛乳、卵アレルギーの人がいないのにこんな風になるんだとちょっとショック。


パリに戻って来て先週、かかりつけの小児科の検診がありました。
日本でのアレルギーの様子を話し、今後どうしたらいいのか相談すると、
ベテラン先生いつものように何も心配はしなくていいって感じで、「牛乳、乳製品はあげなければ大丈夫でしょう」と一言。
「日本の先生は、また1年後位に血液検査をして、それから結果を見て、直接その食べ物を試すと言ってましたが」と聞くと、
血液検査は必要なく、18ヶ月以降に直接少しずつ食べさせてみればいいとのこと。
卵は?と聞くと、「それは食べてアレルギー反応がでたわけではないのでしょう?18ヶ月以降にそれも直接食べさせてみてください。卵は全然急がなくていいですよ。」と。
そして、私もそれらの食品を控えたほうがいいかと聞くと、「必要ない」の一言。先生曰く、影響はないとのこと。
この先生に掛かるとなんだかほっとしました。

日本では症状が軽くなるためだかの薬をもらってずっと飲ませてましたが、ベテラン先生は、薬も処方せず、「アレルギーの子用の粉ミルクを出しておくね。」と。
その日から日本でもらってきた薬は止めました。

日本が慎重過ぎるのか、私達の先生が???
まあ、神経質にならずにこの先生の言うとおりにやってみるか。

でも、いつか牛乳も卵も食べられますように。
じゃないと、美味しいガトー達も一緒に食べられないんだもん。



a0094106_653768.jpg


左がフランスで処方されたアレルギー用のミルク22ユーロもします。(その後セキュやミュチュエルで少しカバーされますが)
右は、日本の小児科でもらった試供品
[PR]
by ecureuil | 2010-09-01 06:09 | マッチョン

初節句

今日は、子供の日。マッチョンの初節句。
a0094106_65617.jpg

(これ、少し前に母が日本から送ってくれました。焼物です。っが、着いた時なんと一番要の兜の鍬形の部分がポキって折れてたんです!でも、瞬間接着剤でくっ付けたら、ちゃんとくっ付いてくれました!)

と言っても、男の子って何をしていいか浮かばず…

とりあえずチラシ寿司作って、スズキを焼いて、お豆腐の澄まし汁を作って、なんだかばたばたしてたので、こんなもんで。あと、ケーキももちろん買ってと。

ちょうどオペラに行く用時があったので、柏餅でも買おうかなと思ったらなかった…
エンベが日本語教室で新聞紙で兜を作って来てくれたので、それをかぶせて記念写真を撮りました。

a0094106_6102211.jpg

こんなもんか・・・
エンベの方が妙に盛り上がってて、「今日は男の子のお祭りだ!」って叫んでた。

マッチョン、今4ヶ月半ほどになりましたが、順調に育ってます。身長61cm、体重6kg。
3ヶ月検診に比べると身長2.5cm増、体重700g増です。

顔の湿疹もだいぶ治まってきて、先週行った4ヶ月検診では、無事先生におこられずに済みました。(前回は私がちゃんと処方されたクリームを塗ってなかったので、マッチョンの真っ赤になった顔を見て、かわいそうにとかなり言われました・・・)
[PR]
by ecureuil | 2010-05-06 06:12 | マッチョン

お食い初め

春はやっぱりいいですぇ。お花がきれい。

a0094106_86627.jpg
水仙は、モンスリー公園に行く途中の道に咲いていて、これを見ると春って感じます。


a0094106_863498.jpg
アネモネはマルシェで買って来ました。



あっと言う間に100日!
と言うことで、木曜はマッチョンのお喰い初めをしました。
朝から気合いを入れて夕飯の支度。
幸いマッチョンはいい子にしてくれていたので、ちゃかちゃかと予定していた献立の品を作りました。次の日はお出かけだったので、次の日の夕飯も作り、ほんとお料理デー。

さて、献立は、お赤飯、豆腐のお吸い物、鯛の塩焼き、プラスお魚の煮付けが好きなエンベ用に鯛の煮付け、筑前煮(適当に家にあった野菜を煮ました。)

特にマッチョン用に食器も買ってないので、エンベのプレートを使って、こんな感じに盛り付けました。


a0094106_884752.jpg

これを見て、エンベが「これで食べる~」っと言って、マッチョンから奪っていました・・・

まだ、首は座っていないマッチョンですが、椅子の背を立てて座らせてみるととても嬉しがっていました。
そして、じーっとエンベの食べるところを見ていました。
早く、一緒に食べられるといいね。
[PR]
by ecureuil | 2010-03-27 08:19 | マッチョン

アヴェンヌ漬

と言っても漬物ではありません・・・

マッチョンのことです。
1ヶ月終わり頃から顔に乳児湿疹ができ始め、乾燥してぼろぼろになってきたので、小児科の先生が保湿クリームを処方してくれました。
でも、そのうちほっぺの一部が赤く炎症し始め、次に小児科へ行った時には、副腎皮質ホルモンのクリーム(いわゆるステロイド)を処方されました。
数日間(1日1回)塗ってみましたが、なかなか完全には治らず、ちょっとよくなったりまた出てきたり。でもマッチョンには強すぎる感じがしたので一度止めました。

エンベを小児科へ連れて行った際、マッチョンの炎症をおこしているほっぺを見て、今度は1日2回ステロイドを塗るように勧められました。
その通りに塗ったんですが、やはり強すぎるような気がしたし、ついついサイトで色々調べてしまい、やっぱりステロイドは良くないと書いてあるのをみたりで、突然止めてしまいました。

そうしたら、その反動でもっとさらに悪化してしまい、見るも無惨。えらいこっちゃになってしまいました。
特に痒いのか夜の間に触るので朝起きるとすごい状態。汁は出てるし、赤くなってるし。
見ていると痛々しい…かわいそうでかわいそうで。

友人のだんなさんに相談すると、専門医の皮膚科に連れて行ったほうがいいとアドバイスをくれたので、早速予約を取って行ってみました。

さばさばした女の先生で、まずはどういう状況でこうなったか、お風呂はどういうふうに入れているか、洗剤は何を使っているかとか聞かれ、色々アドバイスをくれました。

その後、さぁどういうふうに治療するかとなった時に、ステロイドは一度使い方失敗してるので、(徐々に止めないといけないのに、一気に止めただめな母である…)使いたくないと言うと、処方されていたのは一番弱い物なので、正しく使えば全く心配はないと。
でもまずはアヴェンヌを数日間使ってみて、それでも全然良くならなかったら、やっぱりステロイドを使いましょうと。
そして、写真のようなアヴェンヌ用品で、毎日ケアーしてます。
a0094106_6315075.jpg


アヴェンヌ水で顔を綺麗にし(彼女曰く絶対に擦らない!!!と。)、その後cicalfateと言う、殺菌性があり炎症を止めるクリームを付ける。
このクリームはエンベが以前熱のせいで唇が切れたときに、薬局の人が勧めてくれて以来我が家に常備していた物でした。
皮膚科の先生も、cicalfateは一家に1本必要よと言う位お勧めしてました。

もう一つのクリームTrixéraは保湿クリーム。べべの肌はすべすべふわふわと思いきや、なんだかがさがさなのよねぇってことで、顔以外の乾燥している箇所に塗ってます。
顔も炎症が治ったら、こちらのクリームに移行することになるのですが・・・
おむつを替えるたびにcicalfateを塗り塗りしてる毎日です。

今、4日目少しずつ良くなってきているようないないような。
あの痛々しい肌が早くすべすべに戻ることを願ってます。
[PR]
by ecureuil | 2010-03-21 06:34 | マッチョン

抱っこひも

パソコンを新調してやっと写真が取り込めるようになったのに(でも編集の仕方がまだ分からない…)、なっかなか更新できずに早2週間。
どうしてこんなに時間が経つのが早いのだろう?
なんだか1日があっと言う間に過ぎ去っていってしまう。
やりたいこと、やらなくちゃいけないことは山ほどあるのになぁ~。
みんなどうやってやりくりしているんだろうといつも思います。
母に言わせると「あなたは要領が悪い」と。

そんな感じで、マッチョンはもう2ヶ月と1週間になりました。
今週小児科へ初ワクチンをうちに行き、当日は注射をした太ももにちょっとでも触れると痛くて、わんわん泣いたりかなりぐずぐずしていましたが、次の日には落ち着いていつものよく寝るマッチョンに戻っていました。
1ヶ月検診と比べると、身長56cm(4cm+)、体重4750g(1300g+)とすくすくと育っています。


ところでタイトルに書いたように、抱っこひものことをちょっと語ろうと。
エンベの時はコンビの抱っこひもを使用してました。
新生児は横抱き、その後縦抱き、あとおんぶもできる優れもの。
でも、すぐに肩が痛くなってくるのと、防弾チョッキの様なごっついものを装着しなくちゃいけなくて、おっぱいも潰されていつも痛かった・・・
で、ちょうどベビーマッサージの研修を受けている時、なんだかとても使い易そうで付けごこちが良さそうな抱っこひもを使っているママンが(それも二人も)ベビーマッサージを習いにきていて、その名もJe Porte Mon Bébé(音の出るビデオクリップ流れます)
さっそくサイトで検索して、妊娠初期にアトリエに参加。
でも、早く行き過ぎて、出産してからいざ使おうと思ったら、やり方を忘れちゃったのよね~。
(fuchsiaさんに突っ込まれました・・・)
っということで、再びだんなとマッチョンとアトリエに参加。
今回はばっちり覚えてきました。
結び方に慣れるまでちょっとややこしいけど、実際使ってみると、軽~いし、簡単に洗えるし。
飛行機に乗るときも役に立ちそうです。

せっかく買ったんだし、最大限に活用しようと思います。
[PR]
by ecureuil | 2010-02-27 08:01 | マッチョン

新居へようこそ

ただ今、パソコンの容量がパンパンで写真のサイズを変えたりするソフトをインストールできないので、残念ですが最近写真なしです…

先日、fuchsiaさんと息子君、そしてminimauさんが新居に遊びに来てくれました。
久しぶりに3人で会ったなぁ~(エンベが3ヶ月の頃に初めて二人に会ってみんなでお散歩したよね!)っと思いながら。

子供のお迎えがあったりするので、早めに始めることにしてランチをうちで食べました。
前菜、サラダをお二人に持って来てもらい、うちからはフォーガーを。
前日にちょうどだんなが作ってくれていて、次の日の方が味がしみ込んでて美味しくなっているんですよね。なんかおでんとかカレーみたい。
そして、デザートはfuchsiaさんがうちの近くにあるDominique Saibronにて調達してくれました。

時々マッチョンやfuchsiaさんの息子君に邪魔されながらも!?ばくばく食べ、子育て談に花を咲かせました。

普段、子育て(特にエンベ)で疑問に思っていたり、心配だったことがあったけど、
二人と話していたら、そっかこのお年頃ではみんなこんな風なんだと。
みんなも大変なんだし、私も頑張ろうっていう気にさせてもらいました。

こうやって、同じ歳の子を持つ友人達と色々話すのって、やっぱりストレス発散になるし、元気づけられたりしてすごくいいものだなぁとつくづく思いました。


また、みなさん遊びに来てね!

そうそう、今日エンベの雛人形を出しました。
もうすぐ桃の節句ですね。
[PR]
by ecureuil | 2010-02-07 08:07 | マッチョン