出産

出産と育児というカテゴリーを作りつつ、まだ出産について話していなかったので、
ここで一つ。

エンベが産まれた日は、ちょうどクリニックで助産婦さんとモニトリングをする予定の日でした。

a0094106_062322.jpg




朝9時頃から、ちょっとお腹が痛い気がするなあと思いつつ、母とMSNで話していたら、
母に、「多分それ陣痛の始まりだから、時間をメモっておいた方がいいよ。」と言われました。
その頃は、20分置きくらいで軽い生理痛程度でした。

私の中では、陣痛は夜中とか朝方によく起こる物だと思っていて、いつも夜寝る前、今晩か今晩かと待っていたので、へーそんなんだ。というい感じでした。

午後、ダンナに車でクリニックに連れて行ってもらい、15時から1時間半くらいモニトリングをしてもらい、その間も少しずつ陣痛の間隔が狭くなり、最後は10分間隔位になりました。

助産婦さんには、「このままクリニックに居てもいいし、家に帰ってお風呂に入ってリラックスして来てもいいし、その辺を散歩してきてもいいし、好きなようにして下さい。」と言われ、
家に帰ると、この時間は渋滞があるので、おそらく、家に着いたらすぐに引き返して来ないといけないだろう。とダンナとその辺で時間を潰すことにしました。

まず、カフェに行って、日本に電話して、母親に多分今日か明日には産まれるから、航空券に手配をしていいよ。と伝えました。
その間は7分置き位で、だんだん陣痛が強くなっていきました。でも、まだ全然我慢できる程度。
その後、近くのお店とかに行って時間を潰し、全部で1時間程潰して、トイレにも行きたくなってきたしとクリニックに戻りました。
そこで、19時くらいまでまた時間を潰しつつ、家に帰ってお風呂にでもゆっくりつかりたい気もするなあと思い、ダンナに帰りたいと言って、出口に近づいた頃、また強くなってきました。
でも、母親学級では5分間隔で2時間くらいになったら、クリニックに来る。と言われていたので、今分娩室に降りて行っても、まだ子宮口が開いていないだろうなあ。この痛さじゃあ。
なんて、思ってまた30分くらい我慢していました。
でも、いすに座りながら待っているのも疲れるなあ、そろそろいいかなと思って、
思い切って、下に降りて行きました。

助産婦さんに5分間隔になったと伝えると、じゃあ分娩室に入ってと言われ、
診察してもらってすぐに、「もう、子宮口も充分開いているから、麻酔打つわよ」と言われました。
え、本当にもういいの?こんな位の痛さで???と思いつつ、麻酔が来て、あっと言う間に背中に麻酔を入れられました。
それからは、陣痛を少し感じ、赤ちゃんがどんどん下がって来るのも感じることができる、本当にパーフェクトな麻酔の量でした。

その後ダンナはまだすぐには産まれないだろうとエンベの足りない物を家に取りに行きました。
でも、その間どんどんエンベが降りてくるのを感じつつ、担当の産婦人科の先生が来て、
「あれ?ダンナさんは?」と言うので、「今家に物を取りに行ってます」と言うと、
「じゃあダンナさんが来るまで待っていましょう!」
でも、一向にダンナは戻って来ない…

今度は先生に「もうだいぶ降りてきてるから急がなくちゃ。電話してみなさい!」と言われ、してみるとまだ戻って来る途中。
早くしないと出てきちゃう!と焦りました。

その後も、一生懸命まだ出てこないでね。とお願いして、自分なりにも我慢してみました。
何か変な感じ、出てこないでというのも・・・

先生がそろそろ限界ね。と言う時に、ようやくダンナ到着!ふー間に合った。

先生に「そんな、後で取りに行けば良かったのに」と言われつつ、でも、看護婦さんにそれが必要なのよと言われたんだもん…
まあ、とにかく間に合って良かった…

立会うのをためらっていたダンナだけど、結局そのまま居てくれた。
そして22時12分無事エンベ誕生!!

先生に「はいダンナさんへその緒切ってね。」とはさみを渡されて、ちょっとびびりながらも切ってくれました。
結局一番痛かったのは、腕に入れられた点滴でした。

長くなりましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました。
[PR]
by ecureuil | 2006-12-20 00:17 | 育児


<< フォーガー 編み物 >>